お客様に指名してもらえるキャバ嬢になるためには

カテゴリー:

お客様に指名してもらえるキャバ嬢になるためには

指名をしてもらうためには、様々な事柄に注意することが重要です。それによってお客様に愛されやすくなります。

キャバ嬢として働くからには、ナンバーワンを目指したいものです。
少しでも上の順位を獲得するということは、たくさん稼ぐことができるというわけですからね。

そのためにはお客様にしっかりと指名をしてもらう必要があります。
しかしそれは簡単なことではなく、日頃の努力や工夫が必要不可欠となるでしょう。

 

指名してもらえるキャバ嬢になるためのコツ

 

営業を感じさせない連絡が重要


指名多くのキャバ嬢は少しでも指名を獲得しようと必死で営業LINEやメールを行っています。
確かに営業をかけないと指名には繋がりにくくなりますが、営業を感じさせない連絡こそがとても大切です。

キャバクラにやってくる男性客の多くはキャバ嬢から連絡が来ると「どうせ営業メールだろうな」と思ってしまうもの。
しかしあえて営業を感じさせない内容の文面でやりとりすれば、良い意味でお客様の期待を裏切ることができます。

お客様が好きな話題を知っていれば、それらの話題に関する内容のメールを送ればよいのです。

ただ、普通のメールをしているだけでは指名に結びつきにくいので、状況を読んでメリハリを効かした営業メールを送ることが大切です。
しつこく送るのではなく、お客様の気分を害さない形でここぞと言う時に、自然に営業を行いたいです。

 

強い印象を与えて覚えてもらう

 

わざわざ自分のために来店してくれて指名してくれるということは、お客様に自分の存在を覚えてもらわなくてはなりません。
そのためには強い印象を初対面のときに与えるようにしましょう。

しかし単純に強い印象を与えれば良いわけではなく、「気遣いができる」「見た目が美しい」「他のキャバ嬢とは一線を画した会話内容」を意識してください。
結果的に良い意味での印象深さを与えることに繋がります。  
 

居心地の良さを提供する

 

お客様にとってキャバクラはオアシスのような存在です。
日々忙しく働いているお客様にとっては居心地の良さが何よりも重要です。

居心地が良い場所をつくりあげて提供できれば、あなたと一緒にいる時間がかけがえのないものとなり、ずっと一緒にいたい…と思わせることになります。

居心地の良さというのはそれぞれのお客様によって異なります。
どのような雰囲気や喋り方を好んでいるのかを初対面の際に瞬時に察知することが不可欠でしょう。

 

 

以上のようなことを理解してお客様に対してサービス提供を行うと、徐々に指名数が増加するでしょう。
指名して欲しいという要望ばかりを押し付けるのではなく、お客様の心理を読んでお客様目線に立った接客が何よりも大切です。