【CAST INTERVIEW】町田『JEWEL CLUB』なつき

カテゴリー:

【CAST INTERVIEW】町田『JEWEL CLUB』なつき

今回は町田『JEWEL CLUB(ジュエルクラブ)』のなつきサンにインタビューしてみました。実は元彼はお客さんだったそうです。でも、私といざ付き合ってみると、『重い』って言わたそうです。どんだけ重いのかちょっと気になりました・・・。

なつきサン曰く、キャバクラで働いてて一番大事なことは金銭感覚だそうです。お金がいっぱい入ってくると使っちゃう子が多いけど手元になかったら勿体ないといっておりましたが、その通りだと思います。

ーー町田は地元ですか?

なつき 生まれた頃から大体このあたりに住んでますけど、いっぱい引っ越しました。小学校で2回。中学校で3回くらいです。両親の仕事の関係です。

ーーみんな近場で引っ越しというのは面白いですね。引っ越さなくても良さそうな気もしますが、環境を変えて気分転換するのも必要かなと思います。その間にアルバイトとかしましたか?

なつき 16歳の時にコンビニのバイトを始めました。次にアパレルかな。脱毛サロンではいまでもバイトしてます。

ーーキャバクラとWワークですか。めっちゃ働きものですね。

なつき 物欲があまりなくて、貯金が好きなので、とにかく貯めてます。で、たまに買い物して発散してます(笑)。旅行も好きなので、韓国とかもたまに行きます。コスメとか買い漁ってます。



ーーもともと水商売を始めたきっかけは?

なつき ノリでした。『カラオケ行こうよ』って友達に誘われてついて行ったら、カラオケができるキャバに連れて行かれました。で、そのまま体入して、すぐ入りました(笑)。

ーーずいぶん軽いノリですね。

なつき ですね(笑)。人見知りすぎて全然喋れなかったし、仕事も全くできなかったんですけど、最初の頃は友達と同じ席に着けてもらえたので助かりました。

ーー友達に接客の仕方とか教えてもらったんですね。

なつき 友達には『なんか自分のキャラを作ったほうがいいよ』ってアドバイス受けたんですけど、キャラ作ろうとしても無理でした。なので昔から素のままです。



ーーいまも接客で苦労することはありますか?

なつき 今でも初めましての方はちょっと緊張します。話しやすい人だといいんですけど、あまり話さないタイプの人だと変に緊張しちゃいます。

ーー席に着く前に今日はこんな話しようとかって決めたりはしないですか?

なつき 女の子と待機にいる時に呼ばれると話すネタがないから、席の隣にいた子にネタをもらったりします。基本、聞き上手じゃないから、私が話すことが多いですね。聞く時のリアクションが下手だってよく言われます。自分が知ったことをすぐ発信したくなっちゃうので話したがりなんですよね(笑)。

ーーSNSはよく利用しますか?

なつき
 SNSは見るのは好きなんですけど、自分から発信することはないです。インスタ映えとかよく分からないです。

ーー質問変えますが、指名してくれるお客さんはどんな感じの方が多いですか?

なつき 優しい方が多いです。私がハッキリものを言っても怒らないし、連絡返すのが遅くなっても優しいです。あと、娘さんと歳が近いって言う方が多くて、娘さんの相談とかされたりします。私を恋愛対象として見る方は少ないです。お友達みたいな感覚で指名してくれてますね。「あれ?私、可愛くないのかな!?」とかたまに心配になっちゃいます。

ーーちなみに、お客さんを好きになっちゃったことはありますか?

なつき 全然ありますよ。元彼も実はお客さんでした。お店で出会いを求めてるわけじゃないんですけど、自然な流れで。でも、私といざ付き合ってみると、『重い』って言われます(笑)。常に連絡を取っていたいタイプなので、返ってこなくても一方的にラインを送ったりとか。

ーーそれでフラれちゃうんですね。

なつき フラれないですけど、男の人は調子乗ります。『こんなに俺の事が好きなのか!』って。みんな余裕な感じになっちゃいます。最終的には、私がダメにしてるのか分からないですけど、仕事に行かなくなって、へなちょこになっちゃいます(笑)。



ーー好きな男性のタイプはありますか?

なつき めっちゃ甘やかしてくれる優しい人。

ーー結婚願望とかはありますか?

なつき あります! マイホームが欲しいです。二世帯住宅建ててくれる人を見つけるのが目標です。お母さんと一緒に住みたいので、私と同じ
くらいお母さんを大事にしてくれる方がいいですね。

ーー彼氏募集中ということでよろしいでしょうか?

なつき はい♡

ーー最後になりますが、お店のPRをお願いします!

なつき 女の子がみんな仲が良くて、毎日楽しく働かせてもらってます。お母さんの影響で昔から聴いていた、松田聖子さんの『裸足の季節』がカラオケの十八番なので、ぜひ聞きに来てください(笑)。