知っていて当たり前?キャバ嬢としての心得

カテゴリー:

知っていて当たり前?キャバ嬢としての心得

キャバ嬢として働くのであれば知っておくべき、心得について紹介しています。

知っているのと、知らないのとでは大違いなので、勉強をしておくとそれが強みになって、愛されキャバ嬢になれるでしょう。

キャバ嬢として働いているのであれば、その心得を知っておくことはとても大切です。
もはや知っていて当たり前と思われるようなことすらも把握していないキャバ嬢も少なくはありません。
ということはこれらの心得を熟知していれば、他のライバルたちに差をつけやすくなり、思っている以上の成果を挙げることも夢ではありません。

 

キャバ嬢としての心得


お客様の上辺部分以外も知る


心得 お客様がお店に訪れお話をしていきますが、どうしても上辺部分だけを理解してしまいます。
確かに積極的に内面的な事を聞くのはタブーですが、そもそもキャバ嬢側が本気で上辺以外の部分を知ろうと努力している姿はあまり見かけません。
無理がない範囲で様々な情報を聞き、人物像を確かめた上で、それぞれのお客様に合った方法で日常的な連絡を行ったり、営業に繋げるようにしましょう。

結果的に他のキャバ嬢と差別化しやすくなり、お客様にとっても特別なキャバ嬢として認識してもらえます。
お客様の上辺以外を知るというのは本当に難しいですし、ある意味ではリスクも伴いますが、うまく行うことができれば最高のパフォーマンスを発揮できます。

 

他の女の子や男性スタッフともより良い仲を維持する

 

本気でキャバ嬢として働き、売上を高めようとしている場合、特にライバルとなる他の女の子との関係は悪くなることもあります。
ある面では致し方ないのですが、店舗内で孤立せずにうまく立ち回ることも中長期的な目線で見ると非常に重要です。
わざわざ敵を作る必要はありませんし、敵を作ることによってライバルの女の子に悪い噂を流されたり…というケースもあるでしょう。

また男性スタッフも同様で、より良い仲を保っておけばいざという時に頼りにしやすくなり、自分自身の強みとなります。 
 

メンタルの維持こそがキャバ嬢として活躍するために重要

 

一般的な仕事とキャバ嬢は様々な面で異なっていますが、特にメンタル要素が大切になってきます。
誰しもが鋼鉄のような強いメンタルを有しているわけではありませんし、ナンバーワンとして活躍している女の子は全員が全員強いメンタルを誇っているわけではありません。

プライベートと仕事のオンオフをしっかり行い、自分の時間を持つことも、メンタルの維持に役立ちます。
寝ている時以外ずっと営業をかけている…というのは現実的ではありませんし、メンタル崩壊の原因になりかねません。
それを防ぐためにも自分の時間を持つようにし、仕事の際にはプロとしてパフォーマンスを見せられるようにすることもキャバ嬢の心得です。