【覚えて安心♪】キャバクラ専門用語辞典〜お店編〜【ナイトデビュー】

【覚えて安心♪】キャバクラ専門用語辞典〜お店編〜【ナイトデビュー】

クラブだったりラウンジだったりお店の名称によりジャンル分けされていたりいなかったり…色々ありますよね。今回は同業種の名称も含めて、どんな業種でどんなお店なのか覚えちゃいましょう♪

キャバレー (きゃばれー)


キャバレーはもともとフランスで始まった社交場の名称として誕生しました。踊り等のショーが演じられたり、ダンスホールがあったり、ホステスもいるお店で、日本では関西方面に多いようです。

 

クラブ (くらぶ)


元祖クラブは、アメリカで出来たキャバレーの事です。そして日本にも銀座や六本木を先頭に同じクラブを名乗るお店が誕生しました。日本のクラブでは、ホステスと呼ばれる女性従業員が接待する飲食店で、のちに高級ナイトクラブと呼ばれ水商売系のお仕事で最も敷居が高くなりました。

 

スナック (すなっく)


ママさん一人や女性従業員プラス1~2名でカウンターごしにアルコールの他に軽食を提供する小さめなお店で日本に古くからあります。カラオケなど歌ってみんなに聞かせるイメージも強いです。

 

キャバクラ (きゃばくら)


日本に唯一ある名称で、キャバレーとクラブの性格を併せ持つお店です。こちらでは、キャバ嬢またはキャストと呼ばれる女性が客の隣に座って接待を行うお店で、キャバレーのような時間制料金、クラブの高級感を併せ持つお店で、とても流行しています。

 

ニュークラブ (にゅーくらぶ)


キャバクラの高級バージョンのお店になります。ほとんどのお店でVIPルームを設置しているため、接待などの大切なビジネスシーンに使われることもある。

 

ラウンジ (らうんじ)


ややカジュアル向けなクラブとスナックの中間的な位置づけのくつろぎながらゆっくりと飲めるお店です。言葉の由来は空港やホテルのラウンジから来ています。

 

ガールズバー (がーるずばー)


広めのスナックにキャストを沢山集めたお店でキャバクラよりは清楚なイメージが強く新しい人気店になりつつあります。基本的にはキャストがカウンター越しに接客します。

 

ガールズスナック (がーるずすなっく)


ガールズバーに等しいお店ですが日本古来のスナックから来ているお店です。


ガールズ&スポーツバー (がーるず&すぽーつばー)

ガールズバーの要素にプラス、ダーツなどのゲームが一緒に出来たり大きな画面で一緒にスポーツ観戦をして盛り上がれるお店もあります。

 

いちゃキャバ (いちゃきゃば)


いちゃいちゃキャバクラのという名称で女の子の接客でお酒を飲みながら、服の上からお触りもできるお店です。女の子の方から手を握ってきたり、寄り添って来たりと恋人気分を味わえるのもいちゃキャバの魅力の一つ。服を脱ぐなどの過激なサービスは基本的にはありませんが、いちゃキャバの業種自体がまだ新しめなためお店によってルールが違うこともあります。入店時に確認しましょう。

 

セクキャバ (せくきゃば)


セクシーキャバクラという名称で女性の接客でお酒を飲みながら、 その女性の体を触ることが出来るサービスです。

 
>